エステの社員になる前に知っておく事

「エステサロンの社員になりたい」
「エステで働く場合の注意点が知りたい」
「たかの友梨の社員になりたい」

エステサロンの社員として採用された場合やこれからそのような仕事がしたい人は、一体どのようなことをしておいたら良いでしょうか。
基本的に新規で雇われるケースもあるかもしれませんが、通常の場合途中から雇われのケースつまり中途採用になります。
採用する場合には、まず面接の準備をしなければいけませんので採用される方はしっかりと面接の対策を受けておくことが必要です。
最近は転職サイトなどで、面接練習ができるものもありますが、それだけでも随分と違いが出るはずです。

関連サイト
たかの友梨、安心の社員研修で習得する技術とキャリア/たかの友梨のエステへの思いとは?
エステティシャンの給料・月給・年収はどれくらい?収入アップを目指す2つの方法

面接に無事合格した場合

もっとも、求人サイトなどで行っているものに関してはお金がかかりますので、その点を確保しなければいけません。
面接に無事合格した場合は、そのまま採用されることになります。
二次面接や3次面接等のようにあるわけではなく、中途採用が前提と言う事は多くても二次面接で終わりになります。
そして、実際に採用された場合でも、いろいろなことに頭を使わなければいけません。
具体的には、従業員とのやりとりもあればお客様とのやりとりも考えなければいけないところです。
従業員とのやりとりですが、仕事を覚えなければいけませんので基本的には仕事を教えてもらいます。
ところが、教える立場の中には非常に説明が下手でわかりにくい者が存在するわけです。
そのような者はなんとかし直すか他のスタッフに聞き直すしかありません。

自然なのにボリューム感充分のフラットラッシュ

仲の良いスタッフをいくつか作っておく

一方で、すぐに怒るような者がいます。
初心者のうちは仕方がないにもかかわらず、わからないとすぐに怒ってしまう人です。
このような人はあまり向いていませんが、かといって自分から教育係を選ぶことができないものです。
そうすると、とりあえずその時は我慢するしかないと言えます。
他のスタッフとのやりとりも重要ですが、とりあえず仲の良いスタッフをいくつか作っておきましょう。
スタッフが10人いるとすれば、必ず1人か2人は仲が良い人がいます。
逆にその中でもいくらかはどうしても馬が合わない人もおり、喧嘩などをしないかも教えないにしても、なかなか会話しにくいといった一面もあります。
このように考えるならば、可能な限り馬が合わない人とはできるだけ合わせるようにして、あまり深い関係にならないようにすることです。
深い関係になる事は無いですが、会話等のやりとりはしっかりしておいた方が良いかもしれません。

従業員の中でも仲が良くなる者は2人ぐらいいる

大抵の場合仕事上の付き合いだけでそれ以上の深い話に入る事はありませんので、その部分だけ注意しておけば充分です。
一方で、従業員の中でも仲が良くなる者は2人ぐらいいます。
いわゆる何でも話せる関係の人は必ず2割位はいるわけです。
その人とは仲良くなり、情報をたくさん引き出すようにしましょう。
もちろん自分が引き出すだけでなく、相手に対して何らかの情報を与えなければいけません。
これはプライベートの情報でも良いですが、仕事の情報が良いといえます。
次にお客さんとの関係ですが、これもなかなか奥が深いでしょう。
お客さんは最初のうちはなかなか慣れませんので、なかなか大変といっても言い過ぎではありません。
それだけで胃に穴が開くような人もいます。
中にはクレーマーと呼ばれる人もいますが、さすがにクレーマーだらけと言う事はありません。

クレーマーに当たった場合その人から何かを学ぶ

クレームの割合はクレームを入れる人の中でも1割位と言われており、お客さん全体でも50人に1人もいないかもしれません。
それでも運が悪く、クレーマーに当たった場合その人から何かを学ばなければいけないところです。
何を学ぶかは結局その人によって変わってきますが、なぜクレームを入れるかと言うことを理解することが必要です。
大抵の場合そのクレーマーは、自分の中のルールが大きすぎるといえます。
自分の中のルールが多いと、それに従わない者に対してクレームを入れると言う流れです。
逆に、何でもありと言う考えるお客さんもおり、その人は比較的柔軟で少し位のことで何か文句を言う事はありません。
1割ぐらいはそのようなお客さんと考えて間違いないです。

残業について

残りのお客さんはどちらにでも滅ぶ人です。
自分とは良い関係を築くことができれば、残りのお客さんは良いほうに流れてきますが、自分の態度が悪かったりあるいは気に入らないようなことをしてしまうような時は、その6割のお客さんは自分に敵対心を抱くが、完全に他のスタッフのほうに寄っていくでしょう。
結果的に自分自身の仕事がなくなってしまうといった大きな問題があります。
社員になった場合、残業を設定しなければいけないわけでは無いものの、残業するケースもあります。
残業に関しては、作業効率を高めることによりこれを最小限に抑えることができるかもしれません。
これは1人の力だけでなく仕事をしている職場全体の力でもあります。
後は、休みが出た場合の対処方法が問題になるかもしれません。

まとめ

突然突発的に休むような人もいますのでその人の顔に入ってくれと言われます。
毎回承諾する必要はありませんが、半分ぐらいは承諾しておいた方が後の関係性も良くなります。