【朋和産業まとめ】食品を目にしたり手にするきっかけになる包装

「食品包装の重要性について勉強したい」
「包装デザインのコツを知りたい」
「朋和産業株式会社の評判ってどんな感じ?年収は?」

食品は、風味はもとより見た目も選んでもらうべく非常に重要な事ですが、同じく選んでもらうべく欠かせない事としてあるのが包装です。
中に入っている物の風味を表現する役割を持っているだけではなく、安心して手に取れるきっかけ作りにしたり商品の世界観を高める役割も持っており、商品のイメージやファンの獲得に直接的に関わるが故に、ますますハイレベルになってきています。

消費者の興味をひく朋和産業さんのパッケージデザイン

包装における品質を高く維持する目的を朋和産業さんに聞く

そのような、包装における品質を高く維持する目的としては工場などで製造をした時の新鮮さを保ったままお客様の手元に届ける事が挙げられ、各食品に合う方法を選んで行えば新鮮さが維持できるのと同時に安心感にも繋がります。
また、工場にて大量に製造した商品は各地のお店に運んで販売する流れなので、容器には運ぶ上で効率性が優れている工夫が施されていたり、保管や陳列時に力を発揮する工夫が施されています。
包装には、内部に収められている物がわかりやすいイメージ画像がプリントされていたり役に立つ情報などが記載されていますが、合わせて識別情報や賞味期限など商品を安心して使用する上で欠かせない情報もあります。
あらゆる包装は、識別情報や賞味期限などの記す決まりになっている情報も抜かりなく記しつつもそれぞれの商品の世界観を引き立てられるデザインに仕上げており、より上質さを感じるデザインにするにはブランディングを意識するのがポイントです。

【参考】朋和産業株式会社 | 京都ものづくり企業ナビ

ブランディングは対象の商品のイメージを作り上げる

ブランディングは対象の商品のイメージを作り上げる事を指し、イメージを作り上げる事によって身近に感じてもらえるようになったり満足感や信頼性が向上させられて、数ある同様の物の中から親しみを込めて選び続けてくれます。
ブランディングが成功できると1つの食品だけに留まらず、商品がきっかけになって販売している会社自体の認知度や親近感も高くなるので、ブランディングをする時には唯一無二のコンセプトを提示したり価値を示すと良いですし、合わせて商品と結びつきやすい色を選択し採用するのも良いです。

包装をデザインする時に大切なこと

包装をデザインする時には食品の全体的な情報や手に取る方、使用方法や使用をした事で得られる良い事などを考えつつ購入者を具体的に考えていきましょう。
購入者を考える時には性別と年代を細やかに決めるのはもちろん、興味関心を持っている事や職業、趣味などについても考えておくとピンポイント的に訴求できるデザインに仕上げられます。
食品が製造された後に購入者の手に取られるまでにはお店の陳列棚に陳列されて販売される段階が存在し、お店の陳列棚には他の企業が製造販売した商品も豊富に並んでいます。
他の企業が製造販売した商品の中でも意識的に手にとってもらえるようにするには、すぐに理解できるキャッチコピーを用いるのが大事ではあるものの、キャッチコピーはよく見聞きする文言を採用するのではなく独自性が感じられる事にするのがポイントです。

商品が持つ特徴を短く明瞭に知ってもらえるキャッチコピー

キャッチコピーは商品が持つ特徴をできるだけ短く明瞭に知ってもらえるようにするのが重要で、同じく色が視界に入った時に瞬間的に把握ができるように揺るぎないテーマカラーを設定して採用し続ける必要もあります。
包装のデザインの完成を目指す段階や完成形が出来上がった段階では、作成途中の物や仕上がった物を手に取りじっくりと細部まで眺めるものの、実際に販売されるお店の中には非常に多くの商品が販売されている様子から、1つだけを手に取り見た時の印象を考えるのではなく、数ある商品の中にある状況を考慮しながら完成を目指しましょう。
容器などにプリントされるグラフィックや写真、文字の様子などに意識をするのはもちろんですが、容器自体の形を唯一無二の形にするのも興味関心を持って手にしてもらえるきっかけになる上、現在は環境に強い意識を向けている方も少なくないので、環境に良い素材を採用しアピールをするのも頼もしいきっかけになります。

消費者の声をできるだけ得て商品に反映させていく

尚且つ、今日では企業が一方的に消費者に向けて情報提供をしたり商品を届けるのではなく、消費者の声をできるだけ得て商品に反映させていくのも欠かせません。
食品の販売に際しては手に取った方が持った感想などを気軽に寄せられるように環境整備をし、寄せられた意見や要望などをしっかりと目にしつつ商品に活かしていくようにします。

そして、一言でプリントと言ってもプリントをする時には元になる物に様々な種類が存在しており、中でもデジタルプリントについては簡単に多くのデザインが展開できるのが魅力かつ特徴です。
自社にて展開している商品が多かったり1度に多くの新商品を展開する計画があるのならデジタルプリントが良いですし、デジタルプリントであれば光沢感がある素材に対しても難なく印刷可能で販売可能な商品も増やせます。

まとめ

さらに、発色が非常に鮮明なデジタルプリントを採用すると理想的な色が表現できるのはもちろん、売り場でも目を引く鮮やかさが表現できて消費者に手にしてもらいやすくなります。