CO2削減の必要性と実現の為のポイントとは何か?エスコシステムズによるまとめ

⑴CO2削減の必要性と実現に向けての取り組み

二酸化炭素を意味するCO2は、工場や発電所といった商業的な活動を中心に、人間の生活によって多く発生しています。

このCO2は地球温暖化の主な原因とされているので、日本を含めた世界各国がCO2削減に取り組んでいるわけです。

CO2は地球で一番古いとされる酸化物ですから、つまり燃焼によって発生します。

工業や農業など活用の幅は広く、有用性がある物質ですが、少なくとも大気中に大量に存在しているのは問題です。

濃度によっては毒性を持ちますし、頭痛や目眩に吐き気などを引き起こすので、健康面において気になるのも確かだといえます。

体調不良に繋がる二酸化炭素の発生は稀ですが、それでも濃度が高まったり、高いまま見過ごすのは疑問です。

仮にもしCO2削減を行わないとしたら、温室効果が発生して平均気温が高まり、地球の生態系に影響が出る恐れがあります。

既に日本では平均気温の上昇を見せていますし、四季の境目が曖昧になり始めています。

気候が変動して亜熱帯になりつつあるので、更に変化が進むことを想像すると、やはり見過ごせない問題だと思われます。

今直ぐに劇的な変化は起こらないとしても、50年や100年後を見据えて対策を検討する必要はあるでしょう。

持続可能な社会の実現、これこそがCO2削減に取り組む一番の大きな理由で、子や孫の世代に現在と同等の地球環境を残せるかが焦点となります。

二酸化炭素はそれほど有害ではない、あるいは地球温暖化の予測は間違っているとの声もあります。

 

⑵二酸化炭素濃度が上昇し沿岸部で酸性化が進んでいる現状

どちらが正しいかはその時がくるまで誰にも分かりませんが、年々右肩上がりに大気中の二酸化炭素濃度が上昇を続けているのは事実です。

1997年に採択された京都議定書も、この問題に取り組む為に作られた削減目標の1つです。

実現可能性はともかく、各国が協力して問題解決の取り組みを宣言したことは、とても意味のあることだと考えられます。

炭酸ガスでも知られるように、二酸化炭素は水にも溶けやすい性質があるので、このまま大気中の濃度が高まり続ければ、海洋系の生態に対する影響が懸念されます。

考えられるのは海洋の酸性化で、日本でも沿岸部で酸性化が進んでいることが確認済みです。

海水のphが下がり続けて酸性度が高まれば、魚介類に影響を与えることは必至で、食卓に上がるものが変化することもあり得るでしょう。

CO2はこのように濃度が高まり続けており、目に見えにくい形で少しずつ影響を及ぼしています。

小さな変化だと気がつきにくいように、二酸化炭素もかなり濃度が高まらなければ、目に見える形で変化は現れないです。

しかし、決して放置して良い問題ではありませんから、できる範囲で各々がCO2削減に取り組むのが賢明です。

少しでも濃度上昇が抑えられれば、その間に新しい対策が検討できますし、より効率的な軽減方法が誕生する可能性にも期待が持てます。

 

⑶家庭でできる対策や一人一人の取り組みがポイント

家庭でできる対策としては、冷暖房の設定をそれぞれ、1℃ずつ変更して消費電力を減らすことが挙げられます。

具体的には、冷房だと1℃高めに、暖房であれば1℃低く設定するだけです。

このあたり、詳しくはエスコシステムズに聞いてみるとより詳細に説明してくれます。

車を利用している人は、公共機関の電車やバスを積極的に使ったり、短距離であれば徒歩や自転車で代替するのが賢明です。

公共の交通機関はまとめて効率的に人を移動できること、燃焼を伴わない移動方法は二酸化炭素を発生させないのがポイントです。

徒歩は健康的にもメリットがありますから、例えば電車通勤・通学なら何時もより1駅手前で降りて、残りは歩くのが合理的です。

車はアイドリングストップを心掛けることで、二酸化炭素の排出量を減らしたり、空気の汚染が避けられます。

シャワーの利用時間を少し短くしたり、使っていない家電の電源をこまめに切るのも有効です。

お風呂の残り湯は洗濯に使い、炊きあがったご飯は早めに消費するか冷蔵庫で保存して、食べる前に暖めた方が無駄は少ないです。

家にいるとテレビを見たりゲームをするなどして、何かと電気を使います。

こういう活動が二酸化炭素の排出量を増やすので、涼しい時間帯に外出したり、公共の施設で過ごすように心掛けると逆にCO2削減が実現します。

CO2削減は、企業の取り組みの方が影響は大きいですが、数でいえば企業よりも個人の方が多いですから、1人1人の取り組みが肝心です。

あれこれと並行して取り組むと面倒になるので、まずは1つのことから無駄を減らすように心が得ることをおすすめします。

 

⑷まとめ

小さな意識と行動の積み重ねが結果に繋がりますから、大した影響はないと考えるのではなく、役に立つと信じて行動に移すことが大切です。

現在設定されている目標が達成できるかは、全ての人の協力に掛かっていますから、誰もが一員だと自覚してできることから手をつけるのが得策です。

人間は快適性を求めて生活を改善してきましたが、楽になった部分が実は、環境の負担で成り立っていたと分かります。

このままだと便利な生活が失われてしまいますから、生活を見直して実現可能性を高めることが大事です。

省エネシステムの設置に特化した株式会社エスコシステムズ

①株式会社エスコシステムズってどんな会社?

株式会社エスコシステムズは、省エネルギー診断や設計施工及び維持管理など一貫して省エネルギーを実現するESCO事業を目的として2011年4月に創業した比較的新しい企業ですが、現在では東京都中央区月島のECOS事業本部を始めとして宮城県仙台市青葉区の東北支店や新潟県新潟市中央区の新潟営業所を構えています。

同社では、日々消費されるエネルギーを省く省エネルギー設備機器だけで無く、エネルギーを創る設備機器と過剰に創り出されたエネルギーを蓄える設備機器を合わせて設置する事でエネルギー効率をシナジー効果で最大限まで引き上げており、日々で使用する光熱費を最小限にすると共に地球温暖化を急激に加速させている二酸化炭素の排出量の削減も実現している企業です。

省エネルギー設備機器は、2011年3月11日に発生した東日本大震災以降急速に設置する住宅数が増加した太陽光発電機器や太陽光発電パネルから供給される電力を使用するオール電化に加え、空気の熱で湯を沸かすエコキュート機器や太陽光発電によう発電電力をより効果的に使用する蓄電池機器の導入を施主に適切に提案しています。

エコキュート機器は、空気の熱で湯を沸かすので省エネ率が高く専用の電気料金プランもある事からエコキュート機器を取り扱う設置業者が数多く存在しますが、エコキュート機器の販売価格や設置費用が安いだけで古い型式のエコキュート機器の設置やアフターメンテナス無しなど最悪な対応の設置業者も少なく無いのがエコキュート業界の嘆かわしい実情です。
▶️  株式会社エスコシステムズ | 企業情報 | イプロス建築建材インテリア

②省エネシステム設置なら株式会社エスコシステムズへ

株式会社エスコシステムズでは、現地調査と施主の要望に基づいてエコキュート機器の基礎工事やガス給湯器の撤去工事及び配線工事など最良の設置プランを提示してくれ、豊富な施工経験と確かな専門知識を有するスタッフが責任施工すると共に施工後のアフターメンテナスもしっかりとやってくれる会社です。

オール電化は、太陽光発電システムから電気の供給を受ける事が出来る事から災害時にも最も有効な省エネシステムとして導入する住宅が非常に多く、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスZEHの義務化によってオール電化住宅の比率が今後急上昇する事から株式会社エスコシステムズへの注目が高まっています。

オール電化は、ただ単に夏も涼しく調理出来るIHクッキングヒーターを設置するだけで無く食器洗浄乾燥機やシステムバス及び床暖房などとの電力使用量のバランスが重要ですが、同社では豊富な販売実績と確かな施工実績を有しているので設置後の後悔の心配も無く安心して任せる事が出来る業者です。

太陽光発電システムは、東日本大震災の発生を契機に施行された再生エネルギーの固定価格の買取制度により爆発的に設置住宅が増加しましたが、固定価格の買取制度期間の満了後は日本全国の電力会社で九州電力の様に太陽光発電の発電電力の買取を拒む可能性があります。

また、買取を拒まない電力会社でも再生エネルギー先進国のドイツの様に1kwあたり10円〜20円と非常に安い買取価格を設定を実施するとされ、電力会社から電気を購入する場合には1Kwあたり20円以上するので蓄電池や電気自動車に蓄電して自分達で消費する事が不可欠です。

③株式会社エスコシステムズはアフターメンテナンスも万全

株式会社エスコシステムズでは、雨漏りや太陽光発電パネルの落下などのトラブルが無い様に熟練の施工技術と熟達した専門知識を有するスタッフが太陽光発電システムを責任施工し、家族構成やライフスタイルに適した蓄電池の設置プランを提案してくれるので安心して依頼出来ると共に施工後のアフターメンテナスがあるので安心出来ます。

ホームページには、太陽光発電やエコキュートなどの省エネ設備機器を実際に設置した施主の住宅の写真と共に施主の直筆の声が写真で数多く掲載されており、同社の責任施工能力の高さと設置プランの提案能力の正確さが実証されています。

東日本大震災以降は、太陽光発電パネルの設置住宅が急速に増加している事やリフォーム業界が急激に拡大している事から悪徳施工業者や簡単に倒産してしまう施工業者が非常に多く社会問題化していますが、株式会社エスコシステムズは施工実績と施主の声で信頼に足る施工業者である事を実証している施工会社です。

株式会社エスコシステムズは、一般的な太陽光発電システムを取り扱う施工業者とは大きく異なり、自社で研修センターを常設している非常に稀有な施工業者です。

省エネ設備機器は、国内よりもヨーロッパや北欧で開発が活発に進められている事から革新的な技術を導入した設備機器が市販化されており、日々最新の設備機器の概要や設置方法などを専門知識として蓄える必要があります。

同社は、自社の研修センターがあるので個々のスタッフでは無く同社全てのスタッフが一定水準以上の専門知識と設置技術を兼ね備えている優良設置業者と言え、省エネシステムの設置を考えている施主にはおすすめの設置業者です。