宇田氏おすすめの資産形成の方法

「将来に向けて資産形成を行いたい」
「資産形成と資産運用の違いが分からない」
「宇田謙心先生の経歴が知りたい」

資産形成とは資産を増やす目的で、貯蓄をおこなったり、投資をしたりすることになります。
よく似た言葉で資産運用といわれるものがあるのですが、意味合いが全く違います。
資産運用とはすでに資産を形成されている方が、その資産を用いて金融投資や不動産投資をおこなって利益を求めたり、減らさないように資産を利用することになります。
資産形成は現在の資産がほぼゼロに等しい方が資産を着実に増やしていくことで、金融資産が1000万円以内の場合資産運用の前段階とされています。

資産形成が必要な理由を宇田謙心先生に聞く

ではなぜ資産形成が必要だと言われているのかご存知でしょうか。
宇田謙心曰く、それは老後の生活にかかる費用を確保することが一番の大きな理由になっています。
老後の費用は教育費や住宅ローンなどの費用に併せて3大支出と言われるほど大きな費用になります。
しかし教育費用や住宅費用はローンなどを組むことが可能なのですが、老後に必要な費用は金融機関などからお金を借りることができないので多数の方が年金や個人の資産を使うことになるのです。
また少子高齢化が社会問題になっている日本の現状では、年金などの社会保障がこの先どうなるのかわからない状態です。
このようなことから老後に不自由なく生活を送るためには、資産形成をおこなって資金を確保しておく必要があるのです。

資産形成を行うタイミング

おこなうタイミングは、できるだけ早い段階で始めた方が良いと言われています。
それは期間が長ければ長いほど多くの資産を確保することができるからです。
また期間が短いと金利や投資金額を増やす必要が出てくるので、家計を圧迫してしまうリスクが高くなるので早い目に始めた方が好ましのです。
資産形成の方法はさまざまありますが、始めるにあたっては毎月の収支を黒字にしなければならず余剰を作り出す必要があります。
しかし毎月の支払いなどに追われて、お給料からお金を残すことができない方も多いのではないでしょうか。
お金を貯めることが苦手な方は、収入から支出を差し引いた際に残ったお金を貯めようとすることが多いのですが、これでは使いたい放題になってしまうことになるので、結果的にお金が貯まらないといったことに陥ります。
そうならないためにはある程度強制的にお金が貯まるシステムを作りだす必要があり、お給料から先取りで貯蓄をすると着実にお金を増やすことができるようになります。

貯蓄が不得意の方におすすめできる方法

貯蓄が不得意の方におすすめできる方法は、財産型貯蓄制度・積立定期預金・貯蓄型保険などがあります。

財産型貯蓄制度

財産型貯蓄制度は勤め先の企業が導入している福利厚生制度のひとつになり、毎月支給される給料や年に数回支給されるボーナスから一定額を天引きしてお金を貯めていくことができる制度になります。
天引きされたお金は金融機関に送金されることになり、一定の金利がついてお金を積み立てることができます。
財産型貯蓄制度には一般財形・住宅財形・年金財形の3つの種類があり、貯蓄目的が異なります。
一般財形は、貯蓄目的が自由になり、住宅財形の目的は住宅の購入やリフォームなどの準備資金・年金財形は老後の資金の準備といった目的があります。
財産型貯蓄制度にはさまざまなメリットがあり、目的に合わせて資産を作りだすことができる点や住宅財形と年金財形に至っては一定額まで非課税なので税制面でも優遇されます。

積立定期預金

積立定期預金は、毎月一定金額を指定の口座に貯めていくシステムになり、普通預金よりも金利が高い点がメリットになります。
積立定期預金はさまざまな金融機関が商品を出しているので、サービス内容をきちんと把握してから始めるようにすると良いです。
金融機関が破たんしない限り元本割れの心配もないので、誰でも安心して利用することができます。

貯蓄型保険

貯蓄型保険は医療保険などとは違って、お金を貯めることに特化した保険商品になります。
貯蓄型保険のメリットは、確定申告の際に生命保険控除として適応されるので所得税や住民税の税金を節税することができます。
貯蓄型保険で支払った保険料は契約時に保険会社が約束した利率で運用されるシステムになっています。
決められた期間保険料を支払うと、支払った金額よりも多くの保険金や解約返戻金を受け取ることができます。
しかし一定期間で解約してしまうと、解約返戻金が時払った保険料を下回ることになり、損をしてしまうことになるので注意する必要があります。

投資信託

その他の方法には投資信託があります。
投資信託は金融商品にお金を投じるとその資金を専門のプロが運用してくれる仕組みになります。
ひとつの投資信託に投資することで複数の株式や債券に分散投資することが可能になり、損失のリスクを下げることができるので投資の知識がない方でも利用することができます。

まとめ

また節約や自身の収入をアップさせることも資産形成のひとつの方法になります。
公的年金だけではゆとりがある老後のセカンドライフを送ることが難しいので、なるべく若い年代から資産作りをおこなうようにすることが大切です。

純金積立でお金を増やす

  • 処理のスピーディーさやフレキシブルな対応や画期的なアイデアや集中力が要求されるクリエイティブな仕事をしているので年をとって仕事のパフォーマンスが低下するのが怖い
  • ギャンブルが趣味で負けが続くと掛け金が増えたり一攫千金を夢見て大穴を狙ったりする癖がありいつか多重債務者になってしまうかもしれないという危機感を覚える
  • 両親ともにがんを患っており遺伝的にじぶんもがんになる可能性があり人間ドックを受けるたびに診断結果に怯えている
  • 血糖値や尿酸値や中性脂肪値や血管年齢や血圧や内臓脂肪レベルやLDLコレステロール値が高めで糖尿病や動脈硬化や脂肪肝などの生活習慣病のリスクが気になる
  • 医療保険や生命保険には加入しているけど年金制度に対して期待は持てずこのままでは確実に老後は資金不足に陥る

など、お金や健康の不安があり将来を悲観しているという方は多いのではないでしょうか。

人生100年時代を迎えた日本

日本は前例のない少子高齢化社会になり、人生100年時代を迎えました。
医療が発展して寿命が延びるのは喜ばしいことですが、心身ともに健康な状態で長生きしなければ意味がありません。
生き甲斐を見つけたり生活習慣を見直したり良好な人間関係を築いたりストレスと上手に付き合ったり免疫力や体力をつけたりなど、健康寿命を延ばすために必要なことはたくさんありますが、お金もその最たるものです。
お金が無ければ適切な医療サービスが受けられず治る病気も治りませんし、精神的に追い詰められてメンタル不調やメンタル疾患に発展するリスクもつきまといます。
知人にお金を借りたりすると人間関係がダメになってしまう可能性がありますし、カードローンやクレジットカードのキャッシングなどに手を出し始めると底なし沼となり、借金が雪だるま式に膨らみ破産が待ち受けます。

お金と健康は人生100年時代における二大テーマ

お金と健康は人生100年時代における二大テーマであり、どちらかが欠けると幸せな人生を歩めなくなってしまいます。
将来に対する言い表しようの無い漠然とした不安の中で大きなウェイトを占めるのは、お金と健康の問題です。
この二つの問題と向き合い不安を緩和させることが、幸せな老後の生活に直結します。
お金の不安を取り除くためにやるべきことは節約生活ではなく、お金を増やすための行動です。
節約生活には限界があり、様々な制限が生じたり自分自身で決めたルールにがんじがらめになったりすることで人生を楽しめなくなります。
ストレスになる無理な食事制限で摂取エネルギーを抑えて痩せるダイエットよりも、運動で消費エネルギーを増やして痩せるダイエットの方が健康的であるように、我慢がつきまとう節約でお金を貯めるよりも、お金を増やすための行動を起こして経済力を身につけた方が健康的で前向きで理想的です。
早朝や深夜にアルバイトをしたりフリマアプリやリサイクルショップやオークションサイトで何かを売ったり残業や休日出勤を意欲的に行ったりなど、お金の増やし方は様々ですが、最も効率的で負担が少なくて楽で続けやすいものと言えば資産運用です。
株やFXや不動産や仮想通貨などによる資産運用はギャンブル性が高くて損しそうというイメージを抱くかもしれませんが、純金積立なら小額から始められて知識が乏しい初心者でも気楽に出来て元本割れで損するリスクも低く安心安全です。

純金積立のお勧めポイントや魅力やメリット

純金積立のお勧めポイントや魅力やメリットについてですが、

  • ドルコスト平均法で毎月決まった金額を積み立てていくスタイルで購入金額が平均化され価格変動のリスクが減らせる
  • 純金の現物を購入して保管するのではなく定期預金感覚で口座のみで管理できるので物理的な負担は一切かからない
  • 金は代替通貨とも呼ばれる安全資産で有事に強くテロや自然災害やパンデミックや金融危機の影響を受けない
  • 積み立てをしながら金の価格が安いときにスポット購入をすることも可能で臨機応変な資産運用が叶う

などがあります。
いつでも気軽に換金することが出来て銀行口座に比較的早く入金されますし、純金の現物に交換して手元に残すことも可能です。

株式会社ゴールドリンクなどの純金積立の始め方

純金積立を始めたいなら、まずは純金積立の商品を取り扱う金融機関に口座を開設しましょう。
お勧めの金融機関は、キャンペーンなどのお得なサービスが充実していて手数料が安くてユーザーインターフェースが快適でスマートフォンアプリもあるネット証券です。
口座開設をするだけでポイントがもらえたりキャッシュバックの特典があったりプレゼントがもらえたりなど、嬉しいサービスを用意しているネット証券は数多くありますので、手続きをする前にきちんと情報収集をしておきましょう。
純金積立で資産運用をすると経済や金融の時事ネタにも自ずと強くなりますし、自然と知識が身につき他の金融商品も保有したくなるはずです。

まとめ

金融機関選びをする際は、純金積立以外の取り扱い商品にも目を向けるべきです。
資産運用の開始は早いに越したことはありません。

 

参考リンク
株式会社ゴールドリンク

投資において選ばれるゴールド

投資と耳にした際にイメージされる事が多いのが株式やFXですが、同様に高い知名度を誇っているのがゴールドであり、他の対象物とは異なる特徴を持っています。
それは、株式や通貨のような企業もしくは国の信用によって取引が行われているペーパー資産とは違い、物自体に価値がある実物資産である事です。

 

実物資産はそれ自体に揺るぎない価値がある

ペーパー資産は情勢が変化するのに合わせて価値も変動するのに対し、実物資産はそれ自体に揺るぎない価値があるため、価値が無くなる事が無い上にペーパー資産の価値が低くなると価値が高くなるといった特徴があります。
そのように物自体に価値があるものの値動きが発生する根本的な理由は需要と供給によるものですが、同様に世界各地で起こっている経済や政治などの情勢によっても変動します。
多く見られる事例として挙げられるのが、アメリカが好景気の時にはゴールドが売られる一方でドルが買い求められる様子ですが、一方地政学的な心配事が高くなった際には金融商品または株式が手放されるため世の中にドルが増加し、ドルがゴールドへと流れる事によって価値が高まります。

 

オイルショックでゴールドの価値も顕著に高まった

このようにアメリカにおける経済の様子に左右されるようになったきっかけは1971年の出来事が関係しており、1971年に交換制度が廃止された事に伴い価値が現在のように需要と供給により決まる仕組みになりました。
同様に1970年代にはもう一つ価値に変化を付けるきっかけになった事柄が存在し、1970年代に発生したオイルショックでは原油価格が著しく上昇したのと共に、ゴールドの価値も顕著に高まった記録があります。
世界的に発生したインフレにより金を買い求める動きが促進されて価格が高められ、同時期に生まれた原油と金の価値の動きは比例するという考えは、今日においても大勢の投資家の間で根付いています。
供給国として強い存在感を示している中国では一時期の生産増が落ち着き現在では横ばいですが、以前世界で最も多くの産出量を誇っていた南アフリカでは採取できる量が減りつつあるのに加え、条件やコストアップも関係し減少傾向です。
供給量は横ばいもしくは減少傾向ではありますが需要は引き続き高く、中でも目覚ましく発展しているインドや中国などの新興国では、宝飾品の需要が高まっている事を受け突出して高い需要があります。

 

ETFはオーストラリアにある証券取引所において2003年に初上場

ゴールドを対象にした投資として新たに誕生したのがETFで、ETFはオーストラリアにある証券取引所において2003年に初上場しています。
オーストラリアの証券取引所から始まったETFはその後世界各国に拡大していき、残高を大幅に増やしたのはニューヨークで行われた上場がきっかけです。
オーストラリアでの初上場やニューヨークで行われた上場により残高を増やすといった一連の流れにより、金を買い付ける事が価格を高める事に役割を有する事になります。
こうしたETFでの特徴は、中期または長期にわたって運用を行っていく事を前提とし、年金基金に向けて投資をしている機関投資家が主な買い手である様子です。
他にも金の支持が強い理由としては、少額から開始できたり保管に際して考える必要が無く安心感を持って続けられる事も挙げられるので、投資自体が初めての方にも選ばれる機会が多いです。
初心者はもちろん既に他の対象物に投じているものの、新たに金に投じたい時には取扱している会社の中から一社を選ぶ事から始めましょう。

 

購入したゴールドを保管する方法

取扱してる会社の中から利用する会社を選ぶ時に目を向けるのは保管方法や積立購入をする時に生じる手数料、年会費や保管料などであり定額購入に限らずスポット購入に関しても考えている場合は、購入可能な最も小さな金額についても確認しておくと良いです。
購入したゴールドを保管する方法には取扱している企業に運用を任せる消費寄託の他に、積立を行った分が保管されていく混蔵寄託の2つがあるため、各々の特性を知ってから最適な保管方法を選びます。
そして、証券会社であるのなら自身の預金口座が存在する金融機関が選定時の材料になる場合もあり、企業間が提携していれば出入金を行う際の手数料が発生しなかったり、金利面で優遇が受けられる事もあるので、今一度自身の預金口座について再確認してみるのも大切です。
金は契約をしている企業に購入を伝えると買い増す事ができますが、最も容易に購入しつつ実際に手に取る方法としてあるのが貴金属店を訪れて金貨を買い求める事です。

 

まとめ

貴金属店では常時金貨を取り揃えているため、実店舗に訪れてお金を支払い購入するのみで手続きなどを必要とせずに購入できます。
尚且つ、金貨はそれぞれ異なる特別な装飾が施されている事例が多い様子から、同じ大きさであっても装飾や作られた理由などにより販売価格が異なります。
予算に応じた一品を選ぶのも良いですが、思い出に残っている出来事の時に作られた一品を買い求めると金の価値と共に思い出も得る事ができます。

[PR] 株式会社ゴールドリンクの会社概要