東進衛星予備校MSGと他の予備校の違い

東進にはハイスクールと衛星予備校MSGがありますが、後者の場合もハイレベルな授業が受けられることで多くの学生や保護者から支持されています。
ここで学ぶことによって希望する進路を実現することができた人、学力向上に成功した人も非常に多いです。
他の予備校とは違った優れた特徴を持っているので、これから通う予備校を探している人は詳しい内容を知っておくことがおすすめだと言えます。

映像授業によって学習を進めていく

もしも、東進衛星予備校MSGに通うのであれば、映像授業によって学習を進めていくことが可能です。
多くの予備校では教室で講師が授業を行い、集団で生徒が授業を受けるというスタイルとなっています。
学校と同じような感覚で勉強を行うことができますが、自分のペースで学ぶことは難しいという問題を感じる人も多いです。
映像授業の場合は自分のペースで学ぶことができるため、周囲のスピードを気にすることなく学んでいくことができます。

1つの単元を終えるごとに確認テストが用意されている

1つの単元を終えるごとに確認テストが用意されており、テストにクリアしなければ次のステップへ進むことができません。
他の予備校ではスピード重視で授業が進められ、気がついたときには分からないところが増えていた、理解できていないのに次に進んだので授業が分からないという問題が起こりやすいです。
躓きや苦手をその都度確認して克服できる東進衛星予備校MSGであれば、苦手をなくしつつ学力を向上させることができます。

映像授業であれば時間の決まりがない

その場で講師が授業を行うのであれば、決められた時間までに教室に行く必要がありますが、映像授業であれば時間の決まりがありません。
校舎が開いている時間であればいつでも訪れることができるので、部活動をしている場合や学校終わりに病院に行きたい場合なども安心です。
ほとんどの予備校は時間的な制約が生まれてしまうことが多く、窮屈な思いをしながら勉強する生徒が多いと言えます。
一方で、この予備校であれば時間についての厳しい決まりがあるわけではないので、学習する本人の都合に合わせて柔軟に勉強を進めることができ、ストレスを感じにくい環境で学んでいくことが可能です。

校舎ごとに授業の質にバラツキが生まれない

校舎ごとに授業の質にバラツキが生まれない点も魅力的な部分だと言えます。
有名な予備校は他にもありますが、校舎ごとに講師が違うので授業の品質がバラバラになりやすいです。
都会にある校舎ではレベルの高い授業が受けられるのに、自分が住んでいる場所にある校舎では指導の質がイマイチというようなケースも少なくありません。
東進衛星予備校MSGは全国のどこにある場合でも同じ映像授業を受けることができるので、授業の品質に大きな差が生まれてしまうことがないです。
地方に住んでいる場合でも他の地域と同様にハイレベルな授業を期待することができるので、安心して通うことができるでしょう。

優しいサポートも魅力的

優しいサポートも魅力的な部分だと言われることが多いです。
予備校の中には厳しい指導を徹底しているケースもあり、居眠りなどがあれば教室から追い出されるようなケースもあります。
けれども、この予備校の場合はたとえ居眠りしている人がいても教室から追い出したり、その日は帰るように指導したりすることがありません。
日々の勉強や学校生活で疲労が溜まっていることにも十分な理解を示しており、そっと起こしてもらうことができます。
また、分からないことがあった場合には巡回している講師に質問することもできるので、そういった意味でもサポートを得ることが可能です。

グループミーティングが行われている

グループミーティングが行われていることも、東進衛星予備校MSGの魅力的な部分だとされています。
ミーティングには同じくらいの学力レベルの生徒が集められており、そこで日々の勉強の進捗状況や今後の計画と目標などの発表を行い、他の生徒の状況を知ることでモチベーションを高めることが可能です。
ずっと個人で勉強をしていると周囲からの影響を受けづらいので、ピリピリとした空気を感じることなく勉強をできるというメリットがあります。
ただし、良い刺激を受ける機会まで失ってしまう可能性があるので、この予備校では定期的なミーティングが設けられていることを知っておくと良いです。
普段はそれぞれのペースで勉強していますが、ときどき周囲の状況を確認することで切磋琢磨しながら学習を進めていくことができます。

自宅学習に対応している

自宅学習に対応していることも他の予備校とは違っている部分です。
家では復習をすることになるケースや出された課題をこなすケースが多いですが、この予備校であれば映像授業を自宅にあるパソコンやタブレットから利用することができます。
諸事情で校舎に行くことができない日でも学習することができるので、校舎に行けない場合でも柔軟な対応を期待する人にもピッタリな学習方法です。

まとめ

東進衛星予備校MSGと他の予備校にはこのような違いがあるので、より魅力的なサービスを選びたい場合は利用を検討してみると良いでしょう。
学力を向上させたい、受験対策をしっかりと行いたいという場合は、結果に結びつきやすい仕組みがたくさんあるこの予備校を利用してみることがおすすめだと言えます。

東進衛星予備校MSG Web説明会

上野学園大学の特徴や魅力

東京都内で音楽に関する学びを深めるために大学進学を考えている人にとって、選択肢の1つとなる学校には上野学園大学が挙げられます。
この大学は東京の中でも下町と山手との両方の特徴がある地域と言える、東上野に位置しています。
私立の大学で、最寄り駅であるJRの上野駅の入谷改札からは徒歩で約8分、さらに東京メトロの上野駅や京成上野駅、さらにつくばエクスプレス浅草駅も徒歩圏内にあるという便利な立地です。

敷地内にはパイプオルガンがあるコンサートホールがある

敷地内にはパイプオルガンがあるコンサートホールがあり、演奏会や講演会などのさまざまな機会に使われています。
このホールは日本の伝統芸能の公演にも使われることがあるほか、かつて人気を博したテレビドラマの撮影に使われたことでも知られている施設で、そういった設備に恵まれた学校でもあります。
1958年に設置された歴史ある教育機関で、明治時代に誕生した女学校がルーツとなっているのも上野学園大学の特徴として挙げられるポイントです。
こういった特徴を持っている上野学園大学には音楽学部音楽学科と音楽専攻科、そして音楽学部という学部があります。
音楽に関する学びを深めたいと考える人が進学している学校です。
音楽学部の音楽学科にはさらに器楽コースと声楽コースそしてグローバル教養コース、さらに演奏家コースといった専門的なコースがあり、それぞれ選択して進むことになります。

プロの演奏家を目指す人は実技系のコースに進む

楽器の演奏や声楽などの実技を極めたいと考える学生に適しているこれらの学科があるほか、音楽専攻科の音楽学や器楽、声楽の専攻コースもあり学問として学びたい場合にも適した学部となっています。
実技系の学部の場合には、高い技術や優れた音楽性を身に付けて卒業することを目指すことができるでしょう。
プロの演奏家を目指す人の場合には、こういった実技系のコースに進むことで必要となる技術を学ぶことができます。
研究系のコースに進むと、音楽の研究方法や基礎的な知識を得ることができる学校です。
上野学園大学のルーツである上野女学校が誕生したのは、明治時代の1904年のことでした。
これは後に上野高等女学校と名前が変わり、その後さらに私立の中高一貫校となり2007年に現在のような男女共学の学校になったという歴史があります。
創立100周年を迎えたのは2004年のことですが、2007年に創立100周年記念事業の新校舎の工事が完了し、15階建ての都市型校舎が誕生しています。

クラシック音楽を専門に学べる上野学園大学

クラシック音楽を専門に学べる上野学園大学が誕生したのは、1958年のことです。
それまでも高等学校では1949年に音楽科が全国で初めて設置され、1952年には音楽科のある短期大学も開かれていました。
1858年当時は器楽や声楽そして音楽教育を学べる学科が設置されていたといいます。
その後日本で初めてチェンバロやリュート、ヴィオラ・ダ・ガンバ、そしてリコーダーなどの専門も設置されたという学校です。
上野学園大学の卒業生には著名な人物が多くいて、特に芸能関係の分野には多くの有名人がいます。
多くの人に親しまれている有名なテレビアニメの主題歌を歌ったことでも知られるシャンソン歌手や、テレビドラマや映画・舞台などで活躍する女優、そしてシンガーソングライターやフリーのアナウンサー、世界的に活動をおこなうピアノ奏者などもいるのが特徴です。
卒業後の進路には、楽器の演奏者として活動をおこなうということが挙げられるほか、教員として音楽教育に携わるということも可能です。

卒業生の4分の1ほどが一般企業に就職をしている

さらに音楽ビジネスの分野で活躍する人材となることもできるでしょう。
卒業生の4分の1ほどが一般企業に就職をしていて、一般企業への就職は割合としては最も多くを占めています。
また卒業生のうち、約5分の1ほどの人が教員になっています。
音楽教室を開業したり、音楽教室に所属して講師となる卒業生は約1割程度です。
このような上野学園の大学に通いたいと考える人もいるかも知れません。
しかし残念ながら大学部門は2021年度以降の学生の募集は停止されることとなりました。
新しい学生の募集が行われなくなった背景には、少子化があるほか社会情勢の変化もあるといいます。
とはいえ、現在在学中の学生は卒業まで学生生活を過ごせるようになっている点は安心できるところです。
学生を集めるのが難しくなっているのはこの学校だけに限ったことではなく、世の中全体の流れであるといえるでしょう。
とはいえ上野学園には短期大学部があり、高校卒業後の進路に上野学園で音楽を学びたいという人にとっては短期大学を選ぶという方法もあります。

まとめ

短期大学も中学校や高等学校・大学とおなじ所在地にあり、15階建ての都市型校舎の一部となっています。
設置学部には音楽科や専攻科があり、音楽科にはピアノや器楽、そして声楽の専門があるほか専攻科では音楽専攻に進むことが可能です。
全体的に一般企業への就職者が多いですが音楽科の場合には、音楽講師として活躍する人もいる学校です。

音大はどうやって決めたらいいか

中学、高校と吹奏楽部などに入部したことがきっかけで、音大の道も視野にいれようと考えている人はいるのではないでしょうか。
しかしイマイチ種類や選び方はわからないことも多いでしょう。
そんな一つひとつの疑問をピックアップしてご紹介していきます。

 

音大とは

一般的な音大と呼ばれる場所は音楽大学や国公立の音楽部を指しますが、広い意味では私立総合大学の音楽学科や国立大学教育部の音楽専攻も含まれる場合があります。
総合して音楽が学べる学科やコースのある大学としては、全国には80校以上あり、短期大学も音楽コースが存在します。
音楽単科の大学では、さまざまな種類の音楽についての授業を受けることができます。
内容としては指揮や声楽などがある「実技系」、音楽を研究する「音楽学系」、音楽指導者の養成、音楽療法などの「教育系」、舞台音響などの「ビジネス系」に大別されます。
私立大学などでは音楽学科だけでなく、音楽以外の分野も学べるケースが多いのが特徴です。
私立大学の教育学部には音楽も同時に学べる学校もあります。
自分が何を専攻するかによって目指すべき大学も変化します。
大学や学科を比較することで、自身の将来を見据えた選択肢も絞ることができるでしょう。

 

大学の専攻コースについて

大学の専攻コースももう少し詳しくみていきましょう。

 

■実技系

「実技系」は大きく5つにジャンルが分けられます。
1つ目は器楽で、鍵盤楽器や管楽器、打楽器などの専攻楽器を中心に学ぶことができます。
ソロ奏者だけではなく、オーケストラなどの演奏も取り組みもあります。
民族音楽などにも力を入れている大学も増えてきており、さまざまなプロの奏者を目指すための学科を設けています。
2つ目は声楽で、オペラなどさまざまな音楽の実技を中心に学びます。
こちらもプロを目指すコースを設けている大学が増えています。
3つ目はカルチャーで、ポピュラーミュージックやジャズなどを学べる学科もあります。
ギターやベースなどのバンドに用いられる楽器の専攻コースが設けられています。
4つ目は作曲で、さまざまな音楽の作曲理論を学び作曲作業ができる学科です。
現在に合わせたコンピューターを用いた音楽作成に取り組む大学もどんどん増えています。
5つ目は指揮で、指揮はすべての楽器の把握や基本的な理論、声楽など実技においてもオールジャンルな分野を学びます。
指揮は入試試験も狭き門とされ、レベル的にはとても難しいコースとされています。

音大 レベル ピアノ

 

■音楽学系

「音楽学系」は、音楽の歴史や理論などを研究し学んでいきます。
語学力も必要とされ、学問の知識を得ながら音楽楽器の実技も学べるようになっています。
音楽学系講座は一般大学にも講座選択できる場所があります。

 

■教育系

「教育系」は、学校の音楽教員や音楽指導者を目指せる場所となっています。
広い範囲で音楽を学び、そこからどう指導していくかなどの教育理論も同時に学んでいきます。
教員をはじめから目指している人は音楽教育学を専攻すると良いでしょう。
他にもピアノ指導や吹奏楽指導など指導者として育成していくコースのある音大は多く、とくに吹奏楽指導は教諭だけではなく外部の指導者もおこなえるようになっているので、新たな職業としても注目を集めています。
施設などで働く音楽療法士の資格を得られるコースもあり、座学、実技、臨床実習などを経て卒業すると資格を取得をすることができます。

 

■ビジネス系

「ビジネス系」は、舞台音響やデザインを学ぶコースや企画・運営をする側のアートマネジメントを習得するコースなどがあります。
コース数としは学べる大学はまだ少ないですが、技術者として就職の道もかなり開けるコースとなるでしょう。
学べるコースを数多くあります。

 

将来的に自分が何をしたいのかをイメージする

まずは将来的に自分が何をしたいのかをイメージすることが大切になります。
そして何を学ぶことで、そのイメージした姿に近づけるのかを考えましょう。
自分に見合ったコースを見つけられるように、自己分析は必要です。
専攻後にあっちにしたらよかったと後悔をしないようにしましょう。
学べる時間は限られており、学べるコースもいつもあるコースではありません。
教える講師も来年には違う人になっている可能性もあります。
自分が何をどこで学びたいのかを明確にすることから大学選びは始まります。

 

音楽大学の学校案内ガイドブックの情報を確認

大学の種類も数多くあります。
目移りしてどこを選べばよいかもわからなくなるかもしれません。
そんなときは音楽大学の学校案内ガイドブックの情報を確認しましょう。
音大の唯一のガイドブックなので、必要な情報がわかりやすく掲載されています。
そこから大学の候補を絞り、実際に音大オープンキャンパスに参加していくとスムーズに事も運びます。
オープンキャンパスは実際の学校の雰囲気を肌で感じられるので、必ずといっていいほど参加することをおすすめします。
中には地方でなかなか行くことができない場合もあるかもしれません。

 

まとめ

そんな人たちのために出張説明会、体験レッスンなどをおこなっている大学もあるので、諦めずに下調べはしておきましょう。