アクアリゾートさんに学ぶ!不動産コンサルティングを任せれば資産運用もできる

「不動産コンサルタントのお仕事内容を知りたい」
「資産運用を始めたい」
「アクアリゾートの佐藤裕樹さんの経歴が知りたい」

一般的に、不動産のやり取りを行うときには専門的な知識が必要です。
より良い形で話を進めていく場合には、それだけ専門性の高い交渉を行う必要があるからですう。
こういった、不動産に関連する専門性の高いやり取りを行うために準備されているのがコンサルティングというサービスです。

アクアリゾート佐藤裕樹

アクアリゾート佐藤裕樹氏が語る仲介業者について

通常の不動産取引を行うときであっても、実はこういったコンサルティングのお世話になることはあります。
その代表的なものに、仲介業者の存在が挙げられます。
日本の不動産の取引市場はかなり特殊で、当事者同士が話し合いを進めていくということはほとんどありません。
その代わりに、仲介業者という取引の媒介となる存在が携わっていることがほとんどです。
購入者には購入者の、売却者には売却者の立場からきちんと業者が立ち会うことになりますので安心して取引を進めていけます。
直接的に交渉を行わないので、トラブルが目の前で生じるようなリスクもありません。
こういった、仲介業者を利用した取引の形は媒介契約と呼ばれていて基本的にこの契約を締結しておかないと取引を進めていくことができなくなります。
もちろんこれは原則で例外もあります。

一般的に媒介契約を締結する時には料金は発生しない

直接的なやり取りを行うことも可能なのですが、その場合には価格が高くなってしまったり不十分な専門的な知識が得られない状態になってしまうため不安が生じることがあります。
実際に、取引を行うときに高度な媒介契約を締結することはコンサルティングの一つであると考えられています。
一般的に、媒介契約を締結する時には料金は発生しません。
成果報酬として仲介手数料などを支払っておくのが基本で、その前提で情報提供が行われます。
無料であるためこの契約そのものに対してお金が生じることはないという現状ですが、その中で様々な情報を最低限提供してもらうことができますので多くの人はスムーズに不動産取引を進めていくことが出来る現状が存在します。
しかし、より専門的な取引を行いたいと考えている場合にはこのような媒介契約のさらに上位にあたる、コンサルティングの契約を締結しておく事によってより高度な取引を進めていくことができるようになります。
通常では表に出ないような情報やアドバイスをしてもらうことができたり、より品質の高い物件や土地の紹介してもらうことができるようになるため、資産を保有している人はこういった特殊な取引形態や契約を締結することによって、より良い不動産を手に入れることが可能です。

資産運用などにも有効活用されている

また、このような専門性の高い契約は単純な取引というわけではなく資産運用などにも有効活用されています。
実際に収益物件などを利用して大きく利益を得たいと考えている場合には、専門性の高い会社と相談をしながら話を進めていかなくてはいけません。
自分たちですべての運用するといくら時間があっても足らなくなってしまいますし、管理体制に問題が生じてしまう可能性も出てくるからです。
特徴的なのが、収益物件に関連する賃貸借契約などに関連する管理です。
そもそも、収益物件そのものに関しては素人であっても進めていくことができるものです。
しかし、専門的な知識がないと中途半端に終わってしまったり十分な利益を出すことができなくなるという大きなトラブルに巻き込まれます。
このようなトラブルに巻き込まれないようにするためには、収益物件に関連する資産運用のスペシャリストに相談することが一番であると考えられています。

コンサルティングの仕事とは

資産運用に関連するトラブルを解決するための対抗手段としていて要することができるのが、実はコンサルティングです。
将来的な観点から本当に利益が出るかどうか、その賃料が適切であるかどうかなど具体的にチェックしてくれます。
現実的な問題でも、収益物件に関しては長期的な観点から利益を出せるように考えておかないと融資などを借りていた時に返済能力がなくなってしまうリスクが出てきてしまいます。
こういったリスク回避を目的とするうえでも専門的な契約を締結しておくことによって、ある程度の期間を決めて目標を達成できるようにしていくことができるようになります。
単純な取引やサポートを行うだけではなく、広範なやり取りを行うことができるものです。
全般的なトラブルを相談することができますし、将来的な方向性を決めて話し合いを進めていくことができるため非常に役に立ちます。
特に将来的に挟んで大きく利益を出したいと考えている場合には、コンサルティング契約を締結しておく事で独自の方向性で計画を立てていくことができるため安心感が出てきます。

まとめ

料金に関してもそれほど高くはなく、基本的には月額料金など決められた金額で話を聞くことが可能です。
コストパフォーマンスが非常に高いことに違いはありませんので、少なくとも自分が求めている理想の物件や土地、あるいは収益の形がある場合には相談をしておいて損はないです。
より良い方向にいける確率が高めるので、リスクを最小限にできます。

消費者の興味をひく朋和産業さんのパッケージデザイン

商品をつくり売るためには、パッケージデザインはとても重要な要素です。
まず、その商品は一体何なのかということを明らかにし、さらに同じような商品との差別化を図るために特徴となることを明示しなければいけません。
食品であれば味や風味を、家電なら機能を強調することで商品らしさを演出します。
そういったことを消費者に伝えるためには、文字・写真・イラストなどを駆使します。
当然ながら、そのための表現は、何かの模倣ではなく独自のものであることが望ましいです。
その独自性は、商品のブランドをつくりあげます。
そのブランドに成功できれば、消費者はどこで買い物をするときにもその商品を購入する候補として考えるようになるでしょう。

情報を正しく伝えるためにはわかりやすいことが重要

さらに、情報を正しく伝えるためには、わかりやすいことが重要です。
特徴を伝えるためとはいえ、ぱっと商品を手にとって読めないくらいの長文が書き連ねてあったら、購入したいという気持ちは失われてしまいます。
逆に情報を削ぎ落としすぎると、その商品がなにかわからなくなります。
例えば中身が見えない不透明な袋に商品名だけ書かれているだけだと、店頭で何かということがわかりにくいです。
スーパーやコンビニのプライベートブランドの商品だと、同じようなコンセプトでパッケージデザインをつくります。
ですから、情報が少なすぎると中身が違うものなのに、区別がつかなくなります。
わかりやすいということは、消費者に購入してもらうだけでなく、混乱を防ぐために必要なことです。
前述のブランドの構築とわかりやすさのバランスを取るため、客観的な意見も交えて考えなければいけません。

核となるコンセプト・ターゲットを明確にする

こういったパッケージデザインを考える上で、核となるコンセプト・ターゲットを明確にすることからはじめるべきです。
化粧品であれば、ドラッグストアで買える安い商品もあれば、百貨店の化粧品売り場で扱うような高級品もあります。
さらに年齢により肌の状態が変わるので、例えばアンチエイジング効果のある成分が入っているならば中高年の女性がメインターゲットになります。
コンセプト・ターゲットが決まれば、それに合わせてパッケージの素材や好まれる色を選べるでしょう。

商品を売る地域性も考慮する

さらに、商品を売る地域性も考慮する必要があります。
観光客相手にお土産として販売する商品であれば、そこでしか買えないものを買いたいという心理が購入を促すからです。
その地域をイメージさせる写真や色が使われていれば、数ある商品の中から選んでもらえます。

朋和産業のような専門業者に外注する

こういったパッケージデザインは、自社でデザイナーを雇うこともあれば、朋和産業のような専門業者に外注することもあります。
商品の良さを一番理解しており、愛着を持っているのはメーカー自身ですから、それが功を奏せば成功するでしょう。
しかし、消費者から離れてしまえば、自己満足でおわってしまうでしょう。
専門業者は、優れたデザインセンスをもっており消費者の購買意識に働きかけるノウハウもあるのでリスクが少ないです。
ただし、そこで気をつけなければいけないのは、専門の業者はどこまで関わるのかということです。

実際に商品が作られるときの工程について

実際に商品が作られるときには、いくつもの工程があります。
最初にコンセプトやターゲットを決定し、商品をどのように売り出すのか、スケジュールはどうするのか、それに関わる担当者などを話し合います。
そこからデザイナーが話し合いの内容を元にして、ラフスケッチ・スケッチを修正しながら制作してき、試作品で確認をしつつ完成させます。
専門の業者が途中のスケッチまでしかやらないとなれば、それ以降のことをやってくれる別の業者を探す必要があります。
たとえ同じ業者が関わるとしても、追加料金が請求されることが多いです。
それは手間がかかるだけでなく、余計なコストがかかることも意味します。
外注するときには、そういうことを踏まえてどこに頼むのかを考えるべきです。

得意分野に注目

では、外注をするときの業者は、具体的にどのようなことを基準に選べばよいのかですが、まずポイントになるのが得意分野です。
作りたい商品と業者の得意分野が一致しなければ、期待通りの結果を得られません。
得意分野を知るためには、その業者が今までに手掛けてきた仕事を確認します。

ここで優秀なデザイナーがいることはもちろんのこと、ブランディングを左右するキャッチコピーなどを考えられるライターがいるのかも調べましょう。

それ以外のポイントでは、仕事の範囲とデザイナーがどこまで修正に対応できるのかといったことがあります。
修正はできるだけなければよいのですが、話し合いの結果を形にすると多少のズレが生じることはよくあることです。
修正しなければいけないときに即座に対応できる体制であることが望ましいです。
もちろん、何度も修正を繰り返していると時間を浪費するだけなので、デザイナーがいかにクライアントの企業と意思疎通ができるかも重要です。
その点は、最初の相談や見積もりを依頼するときに、見極められます。

まとめ

ここまで取り上げてきたことに気をつければ、消費者の興味をひくパッケージデザインができあがるでしょう。

朋和産業 干潟

楔形足場をポピュラーにしたKRH株式会社

KRH株式会社は高層建築のメンテナンスに必要な楔形足場をポピュラーにした会社として知られており、その功績は建築業界の中では非常に大きなものがあります。
単に足場の利用を容易なものにしたと言うだけではなく、建築そのものの常識を変えたと言っても過言ではありません。
従来は高層建築を実現するためには、その建設に必要な面積のほかにメンテナンスのための足場を設営するスペースを確保することが一般的となっていました。
従来の足場はしっかりとした土台を作るためにかなりのスペースを必要とすることが多く、すなわち隣の建物との空間が十分にとられていないと、建物を建てることができないと言う実態があったのです。

一定の高さ以上の高層建築に対して作業を行う際には足場の設営が義務付けられる

法律上は一定の距離を保てば建築を行うことができますが、メンテナンスの際には足場を設営することができなくなってしまうため、作業には大きな危険を伴うと言うことが少なくありませんでした。
しかも建築法の改正により、一定の高さ以上の高層建築に対して作業を行う際には足場の設営が義務付けられることとなったため、これができない場合にはメンテナンスを行うことができないことになり、すなわち合理的な建築物を建築することができなくなってしまうといった問題があったのです。
KRH株式会社はこの足場の問題を改善するために、これまで一般の低層住宅の工事などに用いられてきた楔形足場を改良し、高層建築に利用することができるようにしたことが大きな功績となっています。
楔形足場が一般の低層住宅の工事にしか用いられなかった要因はその安定性にあり、従来の高層建築に利用するものがしっかりとした土台を作りその上に足場を組み上げていくのに対し、楔形足場の場合には建物の壁面を利用してバランスをとりながら組み上げていくと言う非常に乾燥的なものでした。
そのため、低層住宅であれば充分利用に耐えるものとなっていたのですが、高層建築の場合にはそのバランスが問題となり、倒壊の恐れがあるため使用することができなかったのが実態です。

楔形足場の特徴

しかし簡単な構造であるために設営自体は非常に短時間で行うことができたことから、KRH株式会社はその基本的な構造を生かしながら高層建築にも利用することが出来るように改良を加え、現在では高層建築においても使用する足場の主流となっています。
この足場の特徴は簡単に説明することができる他に、現場の状況に合わせて組み上げ方を変えることができると言う柔軟性もあるのはポイントです。
従来の固定式のものでは様々な部品の高さや大きさがあらかじめ決まっており、そのために作業を行う適切な高さに設定することができないと言うデメリットがありました。
これにより作業者は自分が作業したい場所に最適な姿勢で向かうことができず、場合によっては危険を伴うと言うことも多かったものです。
そのためこのような場所ではせっかくの足場があるのにあえてロープなどを利用し作業を行うと言うことも多いため、危険度が高まるといったデメリットもありました。
楔形足場では、このような問題を解決できるようにその場の状況に応じて高さや大きさなどを調節することができる機能を持っており、実際に組み立てを行う際にも様々なパーツを適切な状態になるように組み合わせて利用することができるのがポイントです。

積極的に部材の貸し出しや設営の指導などを行う

そのため従来では様々な部品を現場まで運び設営しなければならなかったのですが、楔形足場の場合には必要最小限の部品を持ち込むだけでその場の状況に合わせて適切なものにすることができ、運搬作業にかかる費用も節約できるのがメリットとなっています。
ただし従来一般の低層住宅に使用されていたものであることから、構造上は改良され安全であることが確認されていても、現場に浸透するには非常に時間がかかったのも現実です。
実際に作業をする作業員は固定式のものに慣れているため、実際に楔形が現場で設営されていくのを見ると不安感が拭えないといった問題もありました。
また設営をする際にもさまざまの部品を確実に固定しないと安全性が損われるため、これに対して不信感を持つ作業員も多かったものです。
そのためKRH株式会社では積極的に部材の貸し出しや設営の指導などを行い、安全に使用することができるような状態を作るための努力を行ってきたことも現在の状況に大きく影響しています。
現在では高層建築のメンテナンスを行う場合でも足場の設営の期間が非常に短く、また必要な部材も少ないためこの部分にかかるコストを大幅に削減することができるのがポイントです。
これらの費用は全て工事費の中に含まれることから、最終的には工事を依頼した顧客にその負担が回ることになりますが、コストが削減されることから総合的に価格が安くなり様々なメンテナンスを依頼しやすい状況になっているのも実態です。

まとめ

KRH株式会社は単に足場の設営を簡素化し様々な場所で利用できるようにしたばかりではなく、最終的には様々なメンテナンスを低価格で行うための土台を生み出したとも言うことができます。

KRH株式会社の業務・サービス内容、評判

建設会社と工務店の違いと建設業の歴史

建設会社と一口に言っても幅広く指している事が多くなっていますが、この場合は比較的規模が大きな会社が当てはまるでしょう。
建設業法においては29種類の建設業が分離されており、それぞれは許可制となっている事が特徴です。
例えば建設だけではなく土木や電気工事、またしゅんせつ工事など幅広い業種がありますので、トータル的に様々なジャンルの建設を請け負うという規模が建設会社となっているのが一般的です。

 

前田裕幸氏が考える建設会社の仕事内容や仕組み

幅広い建設業務を請け負う事で従業員の数も自然と多くなりますし、会社の規模も比較的大規模となっていると言えるでしょう。
もちろん1社で様々なジャンルの業務を取り扱う事で、売上的にもアップしますし大規模な工事を依頼される事もあります。
こうした会社が請け負う工事のジャンルはアパートなどの住宅の建設はもちろんですが、それだけではなく高層ビルや大規模マンションといった物件をはじめ、ダムの建設や道路工事など様々なカテゴリを受注します。
この中でも建設工事の部分では建設工事業の許可が必要となりますし、さらに建築一式工事を請け負う場合はゼネコンとも呼ばれているケースも多いです。
ゼネコンとは工事の元請者になり、それぞれの職種の建築工事および土木工事などの一式を直接発注元から請け負うのが特徴です。
このようなゼネコンは、アパートや大規模マンションなどの一括請負ができる事となっています。

前田 裕幸も参考

 

大工工事に関して

また建築工事においてもその中の大工工事に関しては、木造建築物を建設したり基礎工事の施工を行うジャンルです。
これには屋根や壁、設備などと言った様々な工事内容が発生しますが、もちろんそれぞれの部分において許可制となっているのが特徴です。
このように建設工事業は非常に細分化されていますので、大規模な建設会社でなければマンションなどの一括請負ができません。
そのため工事や建設について熟知した人物であれば、それぞれの部門の請け負い会社を選択して使い分ける事で総額の費用は安く抑える事ができるでしょう。
しかし一般的にはこうした対応は難しくなっていますので、実績のある建設会社にお任せする事でトータルで工事をまとめてくれるのがメリットです。
こうして建設事業を一括して行う事ができる規模の会社も存在していますが、工務店との違いとなるとどのような点が挙げられるのでしょうか。

 

工務店とは?

工務店とは法律上の明確な定義はありませんが、一般的には戸建ての住宅を中心に請け負っている建設専門の会社の事を指しています。
主にその地域に根付いた建設業務を請け負っており、伝統的な側面からも工務店と呼ばれているという説もあります。
工務店では建設をメインとして担当していますので、左官や電気工事、水道工事などの部分は専門工事会社に手配し、管理および工事全体の監督を行う役割を果たしているのが特徴です。
こうした工務店はそもそもの起源が、大工の棟梁がそれぞれの職人をまとめていたという組織から始まっているとも言われています。
古くの日本においては大工の集まりの親方の棟梁が建物の設計を行い、職人の手配から監督業務まで全てを担っていた存在でした。
それらの状況が時代に連れて発展を遂げ、会社形態となり社長になった棟梁が各職人を社員にした組織が工務店です。

 

建設会社と工務店を歴史的に見る

現在の大規模な建設業であっても会社名に工務店と名の付く会社が散見されますが、創業の歴史的側面から古くからの名残があるために工務店の名を残している会社が多いのが特徴です。
それらの会社の起源を調べてみると、元は名称通り地元に根付いた運営スタイルで請け負っていたという事実もあるのが興味深い部分でもあります。
このように建設会社と工務店には現在のような規模の異なりはありますが、歴史的に見るとその繋がりは密接な物となっているようです。

 

最新式のIT技術を活用した取り組み

そして近年の建設業界を確認してみると、最新式のIT技術を活用した取り組みが見受けられています。
まずは一般的にも馴染みの深いドローンですが、建設現場においても非常に活躍する機器となっています。
上空からの撮影はもちろんですが、距離の測定などの測量にも幅広く活用されており、3Dへのデータ変換やレーザースキャンなども利用されているのが特徴です。
また建物を建築する場面では必ず地盤の解析が必要となりますが、この解析には膨大なデータの他にも高度な専門知識が求められます。
ここで活用される最新機器がAI地盤解析ロボで、正確に解析できる事はもちろんの事データの処理速度にも優れているのが魅力です。
その他にも建設ソフトウェアの積極的な活用なども進められており、今後もどんどん最新設備が導入されていくと見込まれています。

 

まとめ

このように古くは大工の時代から始まった建設の歴史は、工務店という存在を経て現在の大規模な建設会社へと繋がっています。
今後も人材の育成で職人の技を受け継いで行く事に加えて、最新型のシステムを有効活用してクオリティの高い様々な物件を提供してくれる事でしょう。
 

原子力関連施設のメンテナンスを行う株式会社アトックスの重要性

東日本大震災では、福島の原発施設が壊滅的なダメージを受けたのは記憶に新しいです。
それだけ原発事故が社会的な影響を与えたこともあり、今でも福島の地域ではその後遺症が色濃く残っています。

 

放射線量を低下させる上で大切なこと

先日のタイムリーな話題では、常磐線が全線復旧したという嬉しい知らせが飛び込みましたが、福島の原発の近くを通る路線であります。
開通までの道のりも困難を極めたのですが、その理由には目に見ることができない放射線の怖さがあったからで、なかなか放射線量が低下しない実態も存在したためです。

放射線量を低下させる上で大切なのは、その放射線の溜まって汚染されているエリアを除染することに尽きます。
除染が完璧に行うことができれば、人の健康にも影響を与えることもなく、その場所で過ごすことができるようになります。

しかし放射線は目に見えるものではなく、防ぎようが存在しない点もあり、放射線関連の仕事の難しさにも繋がります。
それを実際に目に見える形で顕在化するのは線量計の機器が必要で、それで測定を行うことで初めて目で見える視覚化に成功するのです。

 

線量が高いエリアも存在するので防護服が必要

実際に除染が出来たどうかの確認では、放射線の量を計測することができる線量計を駆使することで、それによって汚染されていないと判断することができます。
計測作業自体も地道な形で行う必要があり、もちろん線量が高いエリアも存在するので防護服が必要なのは言うまでもありません。

現在でも福島を始め、原子力発電所内では除染活動を展開していていますが、株式会社アトックスの魅力はこの除染活動に明るい点が存在します。
原子力関連の施設内で、メンテナンス作業を展開した実績が豊富にあり、様々な現場での作業によるノウハウや問題点の対処法、作業マニュアルなどの情報が蓄積されています。

参考:原子力で医療に貢献!アトックスの核医学医療事業

こうした情報が蓄積されていることから効率的なメンテナンス作業を行うことができ社員のみならず、協力会社などの作業員の安全を確保することにも繋がります。
原子力発電所内は、様々な設備が稼働していますが、中には放射線に汚染されたエリアも多く、そういったところは除染活動を徹底的に行う必要があります。

 

株式会社アトックスの事業内容

所内だけでなく放射線が漏れた地域外の除染活動にも関わったりして、当然に福島の原発事故後でもそのエリア内外で活躍した企業になります。
もし除染活動を行わないならば人命にかかわる恐れがあり、各種設備のメンテナンスも行うことができなくなってしまうのも事実です。

それだけでなく地域においては、常磐線のように電車を運行することができなくなったり、家に住むことも難しくなります。
株式会社アトックスはそこで働く方には、放射線に対する知識を有しており、しかもそのノウハウも蓄積されているメリットが存在します。

もちろん除染活動には一朝一夕で行うことができる作業ではなく、どのように進めていくのか、また人命を保護するためにはどういった形で作業するのかを検討しなければなりません。
除染の方法は意外と原始的な方法で紙雑巾で拭いたりする作業が主流だったりします。

 

人材の能力を開発しながら業務にあたっている

防護服の着脱に関しても慎重に行う必要があり、初めて行う作業員には難しい場合もあるかもしれません。
こうした危険な作業を真面目に行っている会社が、株式会社アトックスであり、人材の能力を開発しながら業務にあたっているのも魅力的です。

社員も放射線に関する資格取得を保有される方も多く、能力開発のための実習を行っているので現場で働く作業員のスキルも高かったりします。
原子力発電所内では、暑さなどでも過酷な状況に追い込まれる可能性もありますので、人と人とのコミュニケーションを大切に作業を進めています。

除染に対するノウハウも確立しており、そのノウハウが存在することで作業をしやすくすることにも繋がっています。
こうした除染の仕事は地味な作業であり、作業員も嫌う仕事にはなりますが、一方ではこうした仕事が必要不可欠になります。

 

株式会社アトックスは協力会社と一緒に作業を展開

また地味な作業であるからこそ、多くの人が携われる仕事になり地域雇用にも貢献したりする事実もあります。
株式会社アトックスは協力会社と一緒に作業を展開し、連携しながら作業を進めています。

世界的に見ても日本の原子力技術は優れていると言われていますが、その一つに事故に対して対処法がある点です。
福島原発の危機的な状況を乗り越えた経験があるので、極めて高い技術能力が存在すると判断しても良いかもしれません。

放射線に携わる仕事の中でも一番の大事なことは除染であるといえ、この除染ノウハウが存在するのは日本の強みとなります。
放射能が漏れる事故が発生した場合には、除染の技術が必要不可欠で、その技術を提供できる企業が株式会社アトックスであるのです。

 

まとめ

資源の乏しい日本では原子力発電の力に頼るのは大きなメリットで、産業界にもおいても追い風に作用しています。
エネルギーの低コスト化が図れれば、産業の発展に貢献し人々の暮らしを豊かにできるからとなります。
原子力事業の推進には、株式会社アトックスの重要性は言うまでもない会社です。