アクアリゾートさんに学ぶ!不動産コンサルティングを任せれば資産運用もできる

「不動産コンサルタントのお仕事内容を知りたい」
「資産運用を始めたい」
「アクアリゾートの佐藤裕樹さんの経歴が知りたい」

一般的に、不動産のやり取りを行うときには専門的な知識が必要です。
より良い形で話を進めていく場合には、それだけ専門性の高い交渉を行う必要があるからですう。
こういった、不動産に関連する専門性の高いやり取りを行うために準備されているのがコンサルティングというサービスです。

アクアリゾート佐藤裕樹

アクアリゾート佐藤裕樹氏が語る仲介業者について

通常の不動産取引を行うときであっても、実はこういったコンサルティングのお世話になることはあります。
その代表的なものに、仲介業者の存在が挙げられます。
日本の不動産の取引市場はかなり特殊で、当事者同士が話し合いを進めていくということはほとんどありません。
その代わりに、仲介業者という取引の媒介となる存在が携わっていることがほとんどです。
購入者には購入者の、売却者には売却者の立場からきちんと業者が立ち会うことになりますので安心して取引を進めていけます。
直接的に交渉を行わないので、トラブルが目の前で生じるようなリスクもありません。
こういった、仲介業者を利用した取引の形は媒介契約と呼ばれていて基本的にこの契約を締結しておかないと取引を進めていくことができなくなります。
もちろんこれは原則で例外もあります。

一般的に媒介契約を締結する時には料金は発生しない

直接的なやり取りを行うことも可能なのですが、その場合には価格が高くなってしまったり不十分な専門的な知識が得られない状態になってしまうため不安が生じることがあります。
実際に、取引を行うときに高度な媒介契約を締結することはコンサルティングの一つであると考えられています。
一般的に、媒介契約を締結する時には料金は発生しません。
成果報酬として仲介手数料などを支払っておくのが基本で、その前提で情報提供が行われます。
無料であるためこの契約そのものに対してお金が生じることはないという現状ですが、その中で様々な情報を最低限提供してもらうことができますので多くの人はスムーズに不動産取引を進めていくことが出来る現状が存在します。
しかし、より専門的な取引を行いたいと考えている場合にはこのような媒介契約のさらに上位にあたる、コンサルティングの契約を締結しておく事によってより高度な取引を進めていくことができるようになります。
通常では表に出ないような情報やアドバイスをしてもらうことができたり、より品質の高い物件や土地の紹介してもらうことができるようになるため、資産を保有している人はこういった特殊な取引形態や契約を締結することによって、より良い不動産を手に入れることが可能です。

資産運用などにも有効活用されている

また、このような専門性の高い契約は単純な取引というわけではなく資産運用などにも有効活用されています。
実際に収益物件などを利用して大きく利益を得たいと考えている場合には、専門性の高い会社と相談をしながら話を進めていかなくてはいけません。
自分たちですべての運用するといくら時間があっても足らなくなってしまいますし、管理体制に問題が生じてしまう可能性も出てくるからです。
特徴的なのが、収益物件に関連する賃貸借契約などに関連する管理です。
そもそも、収益物件そのものに関しては素人であっても進めていくことができるものです。
しかし、専門的な知識がないと中途半端に終わってしまったり十分な利益を出すことができなくなるという大きなトラブルに巻き込まれます。
このようなトラブルに巻き込まれないようにするためには、収益物件に関連する資産運用のスペシャリストに相談することが一番であると考えられています。

コンサルティングの仕事とは

資産運用に関連するトラブルを解決するための対抗手段としていて要することができるのが、実はコンサルティングです。
将来的な観点から本当に利益が出るかどうか、その賃料が適切であるかどうかなど具体的にチェックしてくれます。
現実的な問題でも、収益物件に関しては長期的な観点から利益を出せるように考えておかないと融資などを借りていた時に返済能力がなくなってしまうリスクが出てきてしまいます。
こういったリスク回避を目的とするうえでも専門的な契約を締結しておくことによって、ある程度の期間を決めて目標を達成できるようにしていくことができるようになります。
単純な取引やサポートを行うだけではなく、広範なやり取りを行うことができるものです。
全般的なトラブルを相談することができますし、将来的な方向性を決めて話し合いを進めていくことができるため非常に役に立ちます。
特に将来的に挟んで大きく利益を出したいと考えている場合には、コンサルティング契約を締結しておく事で独自の方向性で計画を立てていくことができるため安心感が出てきます。

まとめ

料金に関してもそれほど高くはなく、基本的には月額料金など決められた金額で話を聞くことが可能です。
コストパフォーマンスが非常に高いことに違いはありませんので、少なくとも自分が求めている理想の物件や土地、あるいは収益の形がある場合には相談をしておいて損はないです。
より良い方向にいける確率が高めるので、リスクを最小限にできます。