純金積立でお金を増やす

  • 処理のスピーディーさやフレキシブルな対応や画期的なアイデアや集中力が要求されるクリエイティブな仕事をしているので年をとって仕事のパフォーマンスが低下するのが怖い
  • ギャンブルが趣味で負けが続くと掛け金が増えたり一攫千金を夢見て大穴を狙ったりする癖がありいつか多重債務者になってしまうかもしれないという危機感を覚える
  • 両親ともにがんを患っており遺伝的にじぶんもがんになる可能性があり人間ドックを受けるたびに診断結果に怯えている
  • 血糖値や尿酸値や中性脂肪値や血管年齢や血圧や内臓脂肪レベルやLDLコレステロール値が高めで糖尿病や動脈硬化や脂肪肝などの生活習慣病のリスクが気になる
  • 医療保険や生命保険には加入しているけど年金制度に対して期待は持てずこのままでは確実に老後は資金不足に陥る

など、お金や健康の不安があり将来を悲観しているという方は多いのではないでしょうか。

人生100年時代を迎えた日本

日本は前例のない少子高齢化社会になり、人生100年時代を迎えました。
医療が発展して寿命が延びるのは喜ばしいことですが、心身ともに健康な状態で長生きしなければ意味がありません。
生き甲斐を見つけたり生活習慣を見直したり良好な人間関係を築いたりストレスと上手に付き合ったり免疫力や体力をつけたりなど、健康寿命を延ばすために必要なことはたくさんありますが、お金もその最たるものです。
お金が無ければ適切な医療サービスが受けられず治る病気も治りませんし、精神的に追い詰められてメンタル不調やメンタル疾患に発展するリスクもつきまといます。
知人にお金を借りたりすると人間関係がダメになってしまう可能性がありますし、カードローンやクレジットカードのキャッシングなどに手を出し始めると底なし沼となり、借金が雪だるま式に膨らみ破産が待ち受けます。

お金と健康は人生100年時代における二大テーマ

お金と健康は人生100年時代における二大テーマであり、どちらかが欠けると幸せな人生を歩めなくなってしまいます。
将来に対する言い表しようの無い漠然とした不安の中で大きなウェイトを占めるのは、お金と健康の問題です。
この二つの問題と向き合い不安を緩和させることが、幸せな老後の生活に直結します。
お金の不安を取り除くためにやるべきことは節約生活ではなく、お金を増やすための行動です。
節約生活には限界があり、様々な制限が生じたり自分自身で決めたルールにがんじがらめになったりすることで人生を楽しめなくなります。
ストレスになる無理な食事制限で摂取エネルギーを抑えて痩せるダイエットよりも、運動で消費エネルギーを増やして痩せるダイエットの方が健康的であるように、我慢がつきまとう節約でお金を貯めるよりも、お金を増やすための行動を起こして経済力を身につけた方が健康的で前向きで理想的です。
早朝や深夜にアルバイトをしたりフリマアプリやリサイクルショップやオークションサイトで何かを売ったり残業や休日出勤を意欲的に行ったりなど、お金の増やし方は様々ですが、最も効率的で負担が少なくて楽で続けやすいものと言えば資産運用です。
株やFXや不動産や仮想通貨などによる資産運用はギャンブル性が高くて損しそうというイメージを抱くかもしれませんが、純金積立なら小額から始められて知識が乏しい初心者でも気楽に出来て元本割れで損するリスクも低く安心安全です。

純金積立のお勧めポイントや魅力やメリット

純金積立のお勧めポイントや魅力やメリットについてですが、

  • ドルコスト平均法で毎月決まった金額を積み立てていくスタイルで購入金額が平均化され価格変動のリスクが減らせる
  • 純金の現物を購入して保管するのではなく定期預金感覚で口座のみで管理できるので物理的な負担は一切かからない
  • 金は代替通貨とも呼ばれる安全資産で有事に強くテロや自然災害やパンデミックや金融危機の影響を受けない
  • 積み立てをしながら金の価格が安いときにスポット購入をすることも可能で臨機応変な資産運用が叶う

などがあります。
いつでも気軽に換金することが出来て銀行口座に比較的早く入金されますし、純金の現物に交換して手元に残すことも可能です。

株式会社ゴールドリンクなどの純金積立の始め方

純金積立を始めたいなら、まずは純金積立の商品を取り扱う金融機関に口座を開設しましょう。
お勧めの金融機関は、キャンペーンなどのお得なサービスが充実していて手数料が安くてユーザーインターフェースが快適でスマートフォンアプリもあるネット証券です。
口座開設をするだけでポイントがもらえたりキャッシュバックの特典があったりプレゼントがもらえたりなど、嬉しいサービスを用意しているネット証券は数多くありますので、手続きをする前にきちんと情報収集をしておきましょう。
純金積立で資産運用をすると経済や金融の時事ネタにも自ずと強くなりますし、自然と知識が身につき他の金融商品も保有したくなるはずです。

まとめ

金融機関選びをする際は、純金積立以外の取り扱い商品にも目を向けるべきです。
資産運用の開始は早いに越したことはありません。

 

参考リンク
株式会社ゴールドリンク