外壁塗装の重要性について

外壁塗装は、長年雨風や紫外線にさらされて劣化した外壁を補修して新たな塗料を塗布することです。
劣化によっておこった外壁の傷んでいる部分を回復させることができます。
外壁塗装の方法は高圧洗浄をおこなって、外壁についている汚れやこけなどを取り除いてからクラックの補修などの下処理をおこなってから塗装をしていく流れになります。

外壁塗装のメリット

外壁塗装にはさまざまなメリットがあります。
住宅の外観を一新することができて、見た目がきれいになります。
新築から10年以上経過すると、コケや汚れなどが付着して、外観が古びた感じになっていまいます。
塗装をすることで、新築時のようなきれいな状態に戻すことができます。
今までの外壁の色と違った色にすることも可能なので、デザインを変えることができます。
塗装をおこなうことで、住まいの劣化を防ぐ役割があり、長い期間住むことができるようになります。
劣化した外壁をそのままにしいおくと、ヒビから雨漏りなどを起こす可能性がでてきます。
放置していることで、大きな修繕することになりかねないので、定期的にチェックをおこなって、新たに塗装することが大切になります。

新築時の外壁は7年から10年が寿命

新築時に塗られた塗装は、7年から10年が寿命といわれているので、長く快適に住まいを維持するためには、10年に1度新たに塗装することが望ましいです。
外壁塗装をすることによって、新たにいろいろな機能を付加することが可能になります。
遮熱機能・防汚機能・防かび機能・防こけ機能・防錆機能など付加することができるので、より耐久性が高くなります。
遮熱機能は、赤外線を効果的に反射させる働きがあり、塗装表面の温度の上昇を抑えることができるので、室内の温度の温度の上昇を抑えることができます。
防汚機能は、雨水によって自動的に汚れを流すことができる機能になります。

売却するときに高額な査定をされるケースもある

外壁塗装をすることによって資産価値が高いまま維持させることができるので、売却するときに高額な査定をされることがあります。
新しく塗装することによってシロアリの発生を防止することもできます。
シロアリの繁殖は住宅に大きな被害をもたらすことがあるので、外壁を新しく塗装しなおすことで、住宅の耐久性が上がることになります。
壁材から水分をシャットアウトすることができ、防水性も高くなるので、雨によって引き起こるカビから住宅を守ることができます。

まとめ

外壁の塗装をするときには、いろいろな業者から見積もりを出してもらったり、口コミの評価を見たりして依頼すると失敗しなくて済みます。

外壁塗装藤沢市