ローベッドの魅力的なメリット

1.ローベッドは高さが低いのが魅力!

さまざまな種類がある中で、ローベッドを選ぶメリットは高さが低いことに集約されます。
ベッドの高さがあるとお部屋の中での存在感がひときわ大きくなり、圧迫感を感じてしまいます。

そのためお部屋が実際よりも狭く見えて、窮屈な印象を与えてしまうでしょう。
しかし高さが低くなるだけで存在感は小さくなり、それと同時に圧迫感も和らぎます。

ベッドから天井までの高さが低くなればお部屋も開放的になり、広く見えたり明るく見えたりするでしょう。
広くて明るいお部屋を作りたいなら、魅力的なメリットです。

また人によっては、ベッドの高さが低いと落ち着くと言われています。
一般的に日本人は家具は低い位置にあると落ち着くとされているので、広くなると同時にリラックスしやすいお部屋になるでしょう。

 

2.ローベッドは安全性が高い

精神的な部分だけではなく、ローベッドクイーンは安全性が高いのもメリットです。
高さがあると万が一寝ているときにベッドから落ちてしまうと、大けがをする可能性があります。

特に小さな子どもや高齢者の場合はちょっとした段差から転落するだけで大けがに繋がりやすいので、寝ているときも安心できる高さのベッドは魅力的です。

安全性を重視するなら、最も優れているベッドの種類と言えるでしょう。

機能性の面でもローベッドにはメリットがあり、湿気がたまりにくいです。
一般的な高さがあるベッドの場合には、床板の下に引き出しなどを設けて収納スペースを作っています。

 

3.床板の下に空洞によって湿気を逃がしやすい

デッドスペースを有効活用し収納場所を増やすのはメリットですが、マットレスの下に湿気がたまりやすいデメリットが生じています。
人間が寝ているときには知らず知らずのうちに大量に汗をかき、マットレスと床板の間には湿気がたまるものです。

そのため定期的にお手入れをしなければカビが生えてしまい、マットレスをダメにしたり不衛生な状態になってしまいます。
特に日本は梅雨の時期になると湿気がたまりやすくなりますから、ベッドの対策は重要になっています。

ローベッドは床板の下に収納スペースを作ることができないので、一見するとデメリットになると思いがちです。

しかし床板の下に空洞があることによって湿気を逃がしやすく、またすのこ状ならほとんど溜まりません。

湿気がたまらない構造ならカビが発生する可能性も減らすことができて、就寝中も寝苦しさを感じることがありません。
お部屋を広く見せたり安全性・機能性が高いのは、高さが低いローベッドならではのメリットです。