仏壇を処分する方法と事前に確認しておきたいこと

1.仏壇を処分する前に閉眼供養を行う事

家庭には様々な理由により、仏壇を処分しなければならないことも出てくるでしょう。

このような場合になかなか処分方法が分からないという人も多いものです。

近年の住宅や家族事情、そして仏壇を置くスペースを確保できない、継承していくことが難しいなどの理由で、処分を考える人も出てきています。

仏壇を処分する前には、事前に確認しておくこともあり、処分方法もいくつか存在するので、それぞれのメリットやデメリットなどを考慮したうえで決める必要があります。

仏壇を処分する前に確認しておきたいこととしては、開眼供養が行われているかどうかの確認が必要です。

開眼供養とは魂入れともよばれているもので、新しい仏壇をつくった際に行われるものを指します。

参考:開眼供養・開眼法要とは – 日程と当日の流れ/お墓・仏壇・魂入れ・納骨のマナー

故人の魂が自然に宿るものですが、霊を呼び覚ますという意味合いで開眼供養を行います。

開眼供養が行われている場合には、故人の魂がおさめられているということになります。

もしも開眼供養が行われているのであれば、処分を始める前に閉眼供養を行わなければなりません。

これは故人の魂を納める役目を終わらせるために行う供養を指します。

魂抜きともよばれているため、これを行うことで故人の魂がなくなって、ただの木の入れ物に戻ることになります。

供養を行わなければ、故人の魂ごと処分することになるので、事前に確認が必要となります。

閉眼供養の方法としては、法事などでお世話になった菩提寺に連絡をとったうえで、対応してもらうことができます。

2.閉眼供養や処分ができる仏壇店もある

もしも菩提寺がないのであれば、このようなサービスを行っているところもあるので、利用してみることをお勧めします。

処分する方法には三つの方法があり、まず第一にお寺に引き取ってもらう方法です。

菩提寺があるのであれば閉眼供養が終わった後に、そのまま引き取ってもらうこともできます。

お寺により菩提寺の関係でなかったとしても、引き取りや供養を行っていることもあるので、近隣にお寺があるのであれば確認してみる方法もお薦めです。

そして仏具店に引き取ってもらう方法もあるでしょう。

確認
仏具店と聞くと、販売しているイメージが強いかもしれませんが、実は処分や引き取りサービスなどを行っているところも多く見られます。

仏具店の中には閉眼供養の手続きを行っていたり、処分までを一括で行ってくれるところもあるので、忙しい人にはこのような所が便利でしょう。

そして最後の方法は粗大ごみとして処分する方法です。

閉眼供養さえ行えば、ただの木の箱になっているので、粗大ごみとして処分してもらうことができます。

自治体によって手数料は異なり、小さいサイズのものであれば自分で解体することで、燃えるゴミに出すこともできるでしょう。

このように三つの方法がありますが、それぞれにはメリットやデメリットがあります。

3.それぞれの方法による手間と処分費用の目安

まずは菩提寺に依頼する場合には、基本的には有料となり、宗派や檀家により異なるので、菩提寺に確認が必要となります。

メリットとしては閉眼供養後に引き取ってもらえる可能性があり、処分方法を探す手間がかかりません。

デメリットは費用が菩提寺より異なるので確認が必要だということです。

仏具店に依頼する場合には、2万円から8万円ほどの費用がかかることになるでしょう。

これらは大きさや搬送距離などによって変動します。

仏具店に自分で持って行く場合には無料となるケースがほとんどです。

メリットは大きなものでも搬出してくれたり、宗派による制約がないこと、反対にデメリットは費用が若干高くなることが挙げられます。

そして粗大ゴミに出す場合には、大きさによっても異なりますが費用は500円から2000円程度に抑えることができます。

メリットは費用が安いこと、そして自分で解体できるのであれば、燃えるごみとして処分すれば無料で処分が可能となります。

対応できない市区町村もあるので、事前の確認が必要です。できるだけ費用を抑えたいというのであれば、粗大ごみとして出す方法が一番と言えます。手間をかけたくないのであれば、仏具店に依頼するのがよいでしょう。

処分する際の注意点としては、まず第一に中に忘れ物がないように十分に注意しましょう。

引き出しの中身などを確認し、位牌や遺影などが忘れられていないかを確認します。

中には隠れた引き出しが付いているものもあるので、このような場合には重要なものが残されているものも多いので、念入りに確認することが大切です。

親族の中には仏壇することに抵抗を持つ人がいるかもしれません。

このような場合に備えて、処分することを確認する必要があります。

処分をした後も供養は続けていく必要があり、この場合にはどのような方法で供養するかを決めなければなりません。

省スペースでコンパクトなものに買い替えて供養していくこともでき、近年ではリビングに合うようにデザインされているものなど、さまざまなものが見られます。

後のことまで考えてから処分を実行するようにしましょう。